越前海岸で見れる生物たち ウミウシ編

越前に来たならレアな種をコレクションしたい!ウミウシダイビングのリクエストが急増中。

今ダイバーが夢中になっている生物ウミウシ。

人気の秘密は、思わずコレクションしたくなるようなの形の豊富さ、
海の宝石と言われるカラフルな色彩などどれをとってもダイバー心をくすぐるものです。

この大人気のウミウシが、越前海岸では四季を通じて多くの種類を見ることができます。
見たいウミウシが出た場合はすぐにのフットワークの良さが必要です。

越前で見られる人気種を、ちょっとだけご紹介します。

コザクラミノウミウシ
背中のミノが美しいウミウシです。
名前の通り桜が咲く時期に見る事ができます。
越前で撮影したいウミウシの1種です。

クロモウミウシ
シオグサなどの海草に付いているウミウシです。
背中にミノのような突起がありますが、触覚が2本であることから区別できます。

ゴシキミノウミウシ
シロガヤで稀に見ることができます。
ミノウミウシの中でもとても綺麗な色をしています。
何度でも見たくなるウミウシです。

 

ノトアリモウミウシ
色形とも艶やかでうっとりしてしまうウミウシです。
砂地のポイントで見ることが多いです。

ヒロウミウシ
このウミウシも暗いところが好きなウミウシです。
小さくて、ビンクのヒダヒダしかわからないので「ほんとにウミウシ!?」と思います。
ヒダヒダの中にウミウシ特有のギザギザの触覚があります。

イガグリウミウシ
一見イボウミウシに見えますが、背中に鰓があることで区別できます。
図鑑を見るとカラーバリエーションがあるみたいです。

シラライロウミウシ
図鑑では希種になっているウミウシです。
パッと見はシロウミウシに見えますが、背中の赤いドットと触覚が白色なことで見分けられます。

ハゴロモウミウシ
越前では珍しいウミウシです。
背中の2次鰓の周りがとても美しいので、ココを強調した写真を撮ってほしいです。
越前海岸では春に見ることができます。

オカダウミウシ
とっても、とっても!小さいウミウシです。(5㍉くらい)
初めて見た時は、「これでもウミウシ!?」と疑ってしまったほどです。
ドーリスの仲間なのに、鰓がなくつるんとした形をしています。

クロミドリガイ

よくミルと言う海藻についています。
ヒラミルミドリガイとは、触覚のいろと形で区別できます。
よく見ると目がしっかりあるので、サイみたいな面白い顔に見えます。

エムラミノウミウシ
春になるとたくさん見ることができます。
ミノが光ってとても綺麗なウミウシです。

極小種が多くガイド泣かせのウミウシ。
確実に見たい方は、マクロの目を持っているシードラゴンにお任せください!

 
 
yoshi

yoshi

レアもの大好きのフォト派ガイドです。

最近の記事

  • おすすめ記事
  • 特集記事
PAGE TOP