越前海岸にいる危険な生物

海で遊ぶときに、気になるのが「危険な生き物がどういうものか!?」です。
水中生物には身を守る術を持っているものもいます。
(とげ、殻、歯など)
万が一そういった部分を触ってしまったらケガをするのは当たり前ですね。
基本的には、生き物を見つけても、触らない方が無難です。

沖縄などで有名なイモガイやオニダルマオコゼのように猛毒を持つものは、越前海岸にはいません。
刺されたり噛まれたりしても命に関わるほど危険なものは少ないので安心です。

ガヤ(シロガヤ、クロガヤ)
岩の表面にくっついている、鳥の羽みたいなヤツです。
触るとチクチクと毛虫に刺された見たいな痛みがあります。
刺されたあと直りかけの時など、むず痒くて掻きむしると治りにくいので注意してください。

ヒョウモンダコ
最近話題のヒョウモンダコですが、越前海岸でも稀に見ることができます。
水中で瓶や缶を拾ってくるとその中に入っていることがあります。
命の危険がある毒があるので噛まれないように触らないを徹底してください。

 

クラゲ類
頻繁に見るのがアカクラゲ、アンドンクラゲです。
どちらも刺されると痛いです。
触手が長く目に見えにくいので傘の部分が見えたら近づかないように注意が必要です。
触手部分がクラゲの本体から切れて漂っている場合でも刺されることがあります。
(触手の刺細胞は、切れても長く生きているそうです。)

 

魚類
オニオコゼ、ハチ、ミノカサゴ、ゴンズイなどは背びれのとげに毒があります。
素手で触らないようにしましょう。

 

フグ類
フグ類は、歯が丈夫なので噛まれないようにしましょう。
日中は、捕まえられることはないと思いますが、ナイトダイビングでは砂の中などで寝ています。
その時は簡単に捕まえられるので、口近くを素手で触れることがないようにしましょう。

 
yoshi

yoshi

水中撮影が趣味です。

最近の記事

  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP