1. HOME
  2. ファンダイビング
  3. DIVING POINT

guide dive

fundive

DIVING POINT

ダイビングサービス シードラゴンのダイビングポイントのご紹介です。

シードラゴンでは、越前海岸を始め福井県のほとんどのダイビングポイントを潜ることが可能です。 北は三国沖の佐の山グリから、南は敦賀沖のトーグリとエリアに縛られる ことはありません。 気になったポイントがありましたら、お気軽にリクエストしてください。 希望日に先客があった場合は、先にお申込み方のダイビングポイント優先とさせていただきますので、 ご予定が決まり次第ご連絡を~。

越前海岸エリア
越前海岸は、ビーチダイビングが盛んなエリアです。 ポイントごとに様々な魅力があります。
壁石岩(ビーチポイント)  浜富旅館前のポイントです。沖のテトラポットのおかげで波が入り込みにくく、エントリーエグジットが簡単です。講習ポイントと侮られやすいですが、春はダンゴウオやミノ系ウミウシ、初夏は初夏にはサケガシラやフリソデウオ、夏にはタツノオトシゴやレア系ウミウシとマクロダイバーには、たまらない生物が見られています。

学校下(ビーチポイント)  浜富旅館から徒歩約2分、米ノエリアのビーチポイントです。 エントリー範囲が広く、アクセスが便利な駐車場側とエントリーしてす ぐ深度が取れテトラポットの外にアプローチが簡単なプール側と選べます。 南風に強く、沖にテトラポットもあることで波の影響を受けにくい講習 にもよく使われるスポットです。       水中は、広く砂地が広がっている初心者から楽しめるポイントです。 マトウダイの幼魚やヒゲダイの幼魚、ホウボウの幼魚などレア物が よく出現するというここも外せないポイントです。
軍艦岩(ビーチポイント)  越前町最南端のダイビングポイントです。 外洋に面したポイントで、ご覧の通りごろた石のビーチの為、海況が 良くないと潜ることができません。 沖に見えている岩の周りをのんびり潜ります。 岩の沖側の砂地で、水深25㍍です。 岩が組み合わさった隙間に、マツカサウオやエゾイソアイナメ が見ることができます。
アクマの宮殿
(ビーチポイント) レベル AOW以上、ブランクなし
越前海岸北部のダイビングポイントです。外洋にある地形ポイントなので海況が良くないと ダイビングできません。 その代わりダイナミックな地形ポイントで特に25㍍の水中に 通る事のできるトンネルがあります。 水面に鬼の角のような2つの岩がでている真下にある穴なのでこう 呼ばれてるようです。

アゼグリディーブ(ボートポイント) 出航して3分くらいのポイント。 夏から秋にミノカサゴの幼魚やマツカサウオの幼魚、キンギョハナダイの 幼魚など幼魚マニアにはたまらない。
桃源郷(ボートポイント) 壁石岩の沖側のポイント。ビーチダイビングでも行くことができますが、写真をじっくり撮りたい方にはボートダイビングをおすすめしています。 春のダンゴウオウオッチングのメインポイントになっています。

白グリ(ボートポイント)

 

 

敦賀エリア 敦賀は、主に越前海岸の対岸にあるため荒れにくいポイントです。 ポイントごとに様々な魅力があります。
手の浦ビーチ(ビーチポイント)new!
台風の後でも荒れることがないほどの安定したポイント。 水中生物は、小物が多いが越前では少ない生物を見ることができる 独特の水中景観が魅力。  

<スペシャルポイント>夏限定のスペシャルポイントです
シードラゴンでは、普通のショップでは行っていないエリアに遠征ダイブもご案内しています。 チャンスがないとなかなか潜れないスペシャルポイントですよ。 毎年6月にスケジュールを発表しますので、スケジュールを調整してお申し込みください。 定員は少なめです。お早めにご予約くださいね~。 ちなみに、最低ランクはAOW以上とさせていただきます~。 当然PADI以外の指導団体の方でも大丈夫ですよ~(^_^)
トーグリ(ボートポイント  レベル中級者以上、ブランクなし) 敦賀沖のダイビングポイントです。 ボートで30分ほどの場所に トップ25メートルのダイナミックな隠れ根が水中に沈んでいます。 ドロップオフの深場40メートルから、サクラダイが見れます。
越前沈船(越前レック)
(ボートポイント レベル中級者以上、ブランクなし) 越前海岸に沈没船(レック)があることは意外に知られていません。 ボトムが深い35㍍に漁船ですが、十分雰囲気があるレックです。 魚もしっかり付いていて、見応えは十分ですよ。
玄達瀬 
(ボートポイント レベル中級者以上、ブランクなし)  海況が良くないと行けないだけでなく、潮流が早いことが多いので 参加ダイバーのレベルも限られます。 日本海の秘境ポイント。 腕に覚えのあるダイバーなら、一度は潜ってみたいダイビングポイントです。    

ファンダイビング