ダイビングサービス シードラゴン越前

福井県越前町のダイビングサービス、シードラゴンの紹介です。国定公園越前海岸は、ダイビングにうってつけの環境が整っています。体験ダイビング、Cカード、上級者向けのライセンス取得などスキューバダイビングについてお気軽にお問い合わせください。

越前海岸で見れる生物たち ウミウシ編

<越前海岸で見られる生物 ウミウシ>

今女性ダイバーが夢中になっている生物がウミウシ。

人気の秘密は、そのカラフルな色とフワフワしたフォルム、思わず
コレクションしたくなるようなバリエーションの豊富さなど、
どれをとっても、女心をくすぐるようです。

 

そんな大人気のウミウシですが、越前海岸では四季を通じて
多くの種類が見られます。
しかも、どうやら2週間ごとのサイクルで見れている種類が入れ替わ
るようです。
どうしても見たい種類は「出たよ〜」と言われたら、すかさず見に行
くくらいのフットワークが必要ですよ〜(笑)

 

人気のウミウシちゃん。
ちょっとだけ、ご紹介しますね〜。
☆写真をクリックすると拡大します。

※詳細を知りたい種類は図鑑の方を見てくださいね。

 

スイートジェリー
スィートジェリーミドリガイ

とっても珍しいウミウシらしいですが、越前海岸では春から
夏に見ることができます。

 

ミヤコウミウシ
ミヤコウミウシ

青い水玉模様がトレードマークのウミウシで、やや大きく
なります。びっくりするくらい浅いところにいることが
多いようなイメージです。
どうやら、好き嫌いが別れるウミウシのようですね〜(笑)

 

ウスイロウミウシ
ウスイロウミウシ

暗いところを好むウミウシです。ぱっとみシロウミウシに見えますが、
写真に撮るとうっすらと青い縁取りがあることですぐに分かります。
1㌢5㍉くらいの大きさのものが多いです。

 

ホウズキフシエラガイ
ホウズキフシエラガイ 

オレンジ色が鮮やかな、写真に撮るとうれしいウミウシです。
昼間は岩の奥の方に隠れている夜行性のウミウシです。
5、6個体集まっていることがあるのですがなぜなんでしょう!?

 

オカダウミウシ
オカダウミウシ

とっても、とっても小さいウミウシです。(5㍉くらい)
初めて見た時は、思わず「ウミウシ!?」とつぶやいてしまった
ほどです。
ドーリスなのに、鰓がなくつるんとした形をしています。
初夏に浅場に大量発生します。

 

クロミドリガイ
クロミドリガイ

よくミルと言う海藻についています。
ヒラミルミドリガイとは、触覚のいろと形で区別できますよ。
よ〜く見ると目がしっかりあるので、サイみたいな面白い顔に
見えます〜

 

ヒロウミウシ
ヒロウミウシ

このウミウシも暗いところが好きなウミウシです。
小さくて、ビンクのヒダヒダしかわからないので
「ほんとにウミウシ!?」と思いますが、
ヒダヒダの中にウミウシ特有のギザギザの触覚が
あります。
虫眼鏡等で観察してみてください。

 

クロシタナシウミウシ
クロシタナシウミウシ 

砂地や岩の上にいる、黒くてでかいウミウシです。
大きいので、コンデジで撮影しやすいですが、何枚とっても
キレイに撮れない困ったヤツです。

 

オトメミドリガイ
オトメミドリガイ

藻みたいな海藻に付いていることが多いです。
色がオレンジのミドリガイなので、とても写真映えします。
見つけたら時間をかけて、撮りたいヤツです〜

 

クロヘリアメフラシ
クロヘリアメフラシ

小型のアメフラシです。カラーバリエーションが豊富
なので撮りためると面白そうです。
海藻の先端でポーズを決めていることが多いので、
ついつい撮っちゃいます。
写真はワイドぽく撮ってみました(笑)

 

セトミノウミウシ
セトミノウミウシ 

背中のヒダヒダが優雅できれいなミノウミウシです。
セトウミウシは、青のラメみたいな模様に目を奪われます。
初夏に多いウミウシなので、タイミングが合えば複数のカラー
バリエーションを1ダイブで見ることができますよ〜。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください