1. HOME
  2. ブログ
  3. 生物情報
  4. 越前海岸で生物の生態撮影

ダイビングスタイル

ファンダイブMENU

生物情報

越前海岸で生物の生態撮影

生態観察から生態撮影へ繋がるダイビング。

越前海岸に生息している様々な生きものたち。
日夜色々なドラマが繰り広げられています。
そしてその生態をじつくり観察&撮影できるのもシードラゴンファンダイブの醍醐味のひとつ。
まんま「生き物地球紀行」なシーンを切り取ることができるでしょう!

ネンブツダイの抱卵です。

口の中で卵を守ります。
すでに卵から眼が見えています。

ニジギンポが卵を守っているシーンです。

毎年8月の終わり頃から観察できます。
越前らしくサザエの貝殻を利用していまね。
その他パイプの中や牡蠣ガラなどにも産卵します。

マダコの抱卵です。
9月頃から観察することができます。
岩の穴などに卵を産み守っています。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事