ダイビングサービス シードラゴン越前

福井県越前町のダイビングサービス、シードラゴンの紹介です。国定公園越前海岸は、ダイビングにうってつけの環境が整っています。体験ダイビング、Cカード、上級者向けのライセンス取得などスキューバダイビングについてお気軽にお問い合わせください。

日本海に危険な生物はいますか!?

海で遊ぶときに、気になるのが「危険な生き物がどういうものか!?」
ですよね〜。

当たり前ですが、生き物はみんな身を守る術を持っています。
(とげ、殻、歯など)
万が一そういった部分を触ってしまったらケガをするのは
当たり前ですね。
基本的には、生き物を見つけても、触らないようにしてほしいです。

ただ、越前海岸の生物では、刺されたり噛まれたりしても命に
関わるほど危険なものは少ないので安心ですが・・・(笑)

 

毒を持っているものでは、一部のくらげ、イソギンチャクの仲間、一部の魚くらいでしょうか!?

越前海岸で危険な生物をご紹介しますね〜
写真がないものもあるので、図鑑等を参考に読んでください。

ガヤ(シロガヤ、クロガヤ)
岩の表面にくっついている、鳥の羽みたいなヤツです。
触るとチクチクと毛虫に刺された見たいな痛みがあります。
刺されたあとが、なかなか直りにくいので注意してくださいね〜。
直りかけが、むず痒くて掻きたくなっちゃうんですよ。

シロガヤ
写真はシロガヤです。

岩についている貝類
直接危害をくわえられるわけではないですが、長時間水に入っていてふやけた皮膚には
ダメージ大。素足やひざなど軽くすれただけでも擦り傷に・・・。
磯場では、なるべく肌を露出しないようにしましょう。

クラゲ類
特にアカクラゲ、アンドンクラゲは刺されると痛いです。
触手が目に見えにくく、クラゲの本体から切れて漂っている場合でも、刺されることが
あります。
(触手の刺細胞は、切れても長く生きているそうです。)

要注意ですね〜。
ただし、個人的な感想ですが、アンドンクラゲは砂浜の海水浴場以外ではあまり見かけ
ませんね〜。
アカクラゲは、夏は少ないのでダイバーが刺されることは稀です。

アカクラゲ
アカクラゲ

 


オニオコゼ、ハチ、ミノカサゴ、ゴンズイなどは背びれのとげに毒があります。
素手で触らないようにしましょう。決して捕まえようとしちゃダメです。
(簡単につかまるとは思えませんが・・・)

フグ類は、歯が丈夫なので噛まれないように!
日中は、捕まえられることはないと思いますが、ナイトダイビングでは砂の中などで寝ています。
簡単に捕まえられるので、その時も口近くを素手で触れることがないようにしましょう。

オニオゴゼ

オニオコゼ

 

 

 

ハオコゼ

 

ハオコゼ

 

サメ
岸近くにはいないので、襲われることはないので安心してください(笑)
ボートポイントにもいません。

タコ
最近話題のヒョウモンダコですが、越前海岸にも生息しています。
めったにお目にかかることはないですが、水中で瓶や缶を拾ってくると
その中に入っていることがあります。
噛まれると、やばいので触らないように。

ウニ
踏まないように。(笑)

カニ
はさまれないように。

カニ

こんなところですかね〜。
基本的には、直接は触らない。
コレにつきますね。

注意して、楽しみましょ〜。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください