1. HOME
  2. ブログ
  3. 生物情報
  4. 越前で見られる幼魚たち 初夏編

BLOG

ブログ

生物情報

越前で見られる幼魚たち 初夏編

越前では、四季をとおしていろんな生物の生態を観察することができます。 特に魚の一生で短い時間である幼魚。 おもしろい形をしているものや色が明らかに違うものなど、見どころは、 一言では言い表せません。 そんな、幼魚たちを一部ご紹介しますね〜。   エゾイソアイナメyg   チゴダラorエゾイソアイナメの幼魚 アゴの部分に小さいヒゲがあるのが特徴です。 かなりめずらしいと思います。   マトウダイ   マトウダイの幼魚 他のエリアでは、かなりレアな幼魚ですが越前では6月頃探せばいる イメージですね。 写真の個体で500円玉くらいの大きさです。 100円玉くらいの大きさはさすがにレアですが・・・。   ドロメ   ドロメの幼魚 越前では普通種です。 黄色と黒の縞模様がとても綺麗です。 群れで泳いでいますよ〜。      

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事